トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

gag19990725

爆笑週刊tonio 7月25日号:青信号問題、国会で大乱闘
1999年7月25日


----PR------------------------------------------------------- 
「この冬休み、おもしろそうな旅行コースはないかな?」
「お客様、2000年1月1日の新年を飛行機内でお祝いする恐怖ツアーがございますが...」
1999年7の月、空からギャグを降らせましょう:Tonio's listeningroom
     http://www.gem.hi-ho.ne.jp/tokiok/
-------------------------------------------------------------
■暑中お見舞い申し上げます
いやぁ〜、暑い。連日本当に暑いっすね。
暑い暑いと、暑中お見舞い申し上げます。
お酒好きのあなたに、焼酎お見舞い申し上げます。
お手伝いさんのあなたに、女中お見舞い申し上げます。
ネットつなぎっぱなしのあなたに、常駐お見舞い申し上げます。
いつも顔をあわせているあなたに、しょっちゅうお見舞い申し上げます。


----PR-------------------------------------------------------
「はっとしてグー、 ひっとしてチョキ、 ほっとしてパー」
メールの打ちすぎ? たまには手の運動しましょうね。
運動したあとには、Tonio's listeningroomへ書き込み書き込み
     http://www.gem.hi-ho.ne.jp/tokiok/
-------------------------------------------------------------

■青信号問題、国会で大乱闘
 先日、国会で青信号問題が取り上げられ、衆議院、参議院ともに、党派、派閥を
越えての大論争を繰り広げた。ことの発端は、鳥取県の高校生の母親からの手
紙が取り上げられたとこによる。この手紙は以下のような内容であった。
 「(前略)さて、先日、我が家の高校2年の息子がこのようなことを言うのです。
『何故青信号は緑色なの?』 この質問にはっといたしました。考えてみますと、こ
れは今の日本を象徴するようなものだと思うのです。憲法で戦争放棄と言いなが
ら自衛隊のような軍備を持ち、国民主権と言いながら、『君が代』を国歌としようと
する。自衛隊は、災害が起きても要請があるまでなかなか出動しないのに、海外
の紛争時には要請が無くても自国民の保護を理由にいそいそと出かけていく。こ
のように、日本はすべからく本音と建前の世界なのです。
 でも、私たちは、子供に、緑色の信号のことを『あれは青だ、青信号だ』と嘘を教
えるのはもうこりごりです。21世紀を迎えて、日本の国もそろそろ本音と建前の使
い分けはやめて、本音で語り合える国にして欲しいのです。信号も、緑色の信号を
全部青色に付け替えるか、呼び方を『緑信号』に変えるかしていただけないでしょ
うか。(後略)」

 この手紙についてどう思うかという質問に対し、答弁に立った野田自治大臣、川
崎運輸大臣は、「全ての信号機を交換するには、莫大な費用がかかる。」として、
呼び方を『緑信号』に変えたいと答えたが、これに対し、有馬文部大臣、与謝野通
産大臣は、「教科書や各種書籍、パンフレットなどの修正費用も莫大なものにな
る。それに呼び方は『青信号』の方がなじみがあり、信号機の交換が抜本的対策
になろうと思う。」と反撃。各党とも、信号交換派、呼称変更派に分かれて 、「白
黒」ならぬ、「青緑」をつけようと大乱闘になった。

結局、この問題は4時間に及ぶ大乱闘の末に小渕首相の仲裁で、『当面は、信号
機に青セロハン紙を貼る』という、非常にセコい手段でごまかすこととなった。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
この記事に対する希望、感想、応援、絶賛、驚愕、非難、中傷、怒号、
罵倒、お捻りはtonioまで。
なお、本文中の人名、社名、個別名称等、実在するものもありますが、
記事内容とは一切関係ありません。たぶん。
また、記事内容の真偽のほどは一切検証しておりません。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Copyright(C)、tonio、1999 掲載記事の無断転載したら泣いちゃうから。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−